スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎きアブラムシとの戦いと、洞窟の生きもの

アパートのベランダで、家庭菜園に挑戦中です。
トマトとなすとゴーヤとピーマン。
正直、野菜を育てることがこんなに大変だとは思いませんでした><

何が大変かって・・・それは虫!!
特にアブラムシ!
一体どこから沸いてくるのか、つぶしてもつぶしても気がつくと増殖している・・・
本当に6階までどうやってあがってくるの!?というかんじです。
毎日アブラムシチェックが日課になってますが、正直、めんどくさい・・・
収穫の喜びというよりも、
農家の方々への感謝が芽生えたベランダ菜園菜園体験でした^^;


虫話のついで(?)に虫つながりの小ネタをアップ。
洞窟にいる虫(生物)の写真です。

私的にはそんなにグロくないと思うけど、一応虫嫌いな人はやめておいた方がいいかも?
大丈夫な人は続きをどうぞ!

続きを読む

スポンサーサイト

青の水路

毎日暑くて、早くも夏バテぎみです(^^;)

少しでも涼しくなればと思い、洞窟の動画をアップしてみました。

滋賀県犬上郡にある観光鍾乳洞「河内の風穴」の、一般には公開されていないエリアで撮影した動画です。



「河内の風穴」の最下層にある、通称「青の水路」と呼ばれる水路です。
水はとても冷たく透き通り、ライトを沈めると目の覚めるような青色に輝きました。
(青色のライトを使っているわけではありません。水の透明度が高いためにこのような色になるとのことです。)

※「河内の風穴」は、滋賀県の観光洞窟ですが、洞窟の深部は複雑に入り組み非常に危険なため、一般には公開されていません。洞窟探検技術を持つ、調査チームにより、今も尚調査が続けられています。

もっとたくさんの洞窟・鍾乳洞の画像・動画をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ!
国内の様々な洞窟・鍾乳洞を写真と動画で紹介しています。
■映像作品制作VINZ(ヴィンツ)http://www.vinz.jp/

■VINZオリジナル洞窟映像作品DVDビデオはこちら↓
http://www.vinz.jp/VINZ_WEB_shop_HanabiDVD.html

日本洞窟学会浜松大会

青の水路

8月22日、23日、24日に、浜松の竜ヶ岩洞で、今年度の日本洞窟学会の大会が開催されました。

なんとなんと、この大きな席で、私たちの作品を上映していただけることになったのです!
学会なんて大それたものに参加したことがないメンバーが殆どだったので、緊張しまくりながらの参加となりましたが、なんとか無事に発表を終えることができました。
参加者のみなさんからは、とても暖かいお言葉を沢山いただくことができて、正に今までの苦労が報われるような思いでした!
この歓びをバネに、今後も頑張っていきたいと思います。

ご鑑賞下さった皆さん、遠くから応援に駆けつけて下さった皆さん、そして当日の発表を手伝ってくれたみんな、どうもありがとうございましたm(_)m

そして!なんとなんと同時開催されていた写真コンテストで、最優秀賞をいただくことができました!!
受賞した写真は上記のものです。
こちらも合わせて、とてもとても嬉しい一日となりました!

河内の風穴 DVD発売開始!

およそ、2年間かけて撮影を行ってきた滋賀県の洞窟「河内の風穴」が、ようやくDVDとして完成しました!

目を閉じると、この2年間の苦労が瞼の裏側にありありと浮かんできます・・・

手探り状態で始めた洞窟の撮影では、次々と様々な問題や課題が降りかかり、何度も挫折しそうになりながらも、その度に仲間たちと檄を飛ばし合い、知恵を振り絞りながら、何とかクリアしてきました。

私は女ですが、もともと体育会系ではないので、体力面や力仕事ではどうしても男性のそれに適わなくて、悔しい思いをしたり、自分が全く役にたっていないように思えて悲しくなることも多々ありました。
私だけではなくて、この撮影に係わってくれた人達はみんな、何かしら自分と戦わなくてはならない場面があったのではないかと思います。

でも、1人ではとっくに挫折して出来ないようなことも、仲間や一緒に戦ってくれる人達がいれば、何とかやっていけるものなのだと身をもって痛感しました。

一緒に頑張ってくれたみんなと、協力してくれた沢山の人達のおかげで、何とかDVDとして一つの作品に仕上げることができました。

DVDについての詳しいことはこちらのHPをご覧下さい。
http://www.vinz.jp/VINZ_WEB_shop_kawachiDVD.html


以下は、多賀町の広報に掲載された、「河内の風穴のハイビジョン撮影」についての記事です。

多賀町の芹川上流に「河内の風穴」と呼ばれる鍾乳洞があります。夏の行楽シーズンには、渓流や、洞窟の涼を求めて訪れる観光客でにぎわう観光地としても知られています。観光洞として一般に公開されている部分は入り口から数百メートルの範囲のみですが、実はこの洞窟は全国でも上位を争うほどの大洞窟なのです。観光洞奥にもうけられた「立ち入り禁止」のゲートの先には、林立する鍾乳石や、青く透き通る地底湖、飛行機の格納庫にも匹敵する大きさのホールなど、地上では目にすることのできない驚くべき世界が広がっています。しかし、ここから先の通路は、迷路状に入り組み非常に危険なため、特別な技術と装備がなければ安全に行くことができません。そのため、中の様子は地元の方々にすらあまり知られてはきませんでした。
 数年前、探検隊の一員として、初めて河内の風穴の奥地に案内された時の感動を今でも忘れることはありません。「この美しい地底の世界を、もっと多くの人達に見てもらうことはできないだろうか?」「河内の風穴の真の美しさ、壮大さをもっと多くの人達に伝えたい!」この想いがきっかけとなり、「河内の風穴ハイビジョン撮影プロジェクト」がスタートしました。

「では、いざ撮影に!」と意気込んではみたものの、洞窟という特殊な環境下での撮影は、一筋縄でいくものではありませんでした。洞窟の中には、人がようやく通り抜けられるような狭い通路もあれば、大きな岩がゴロゴロと転がっている大ホール、岩壁をよじ登って進まなければならない場所もあります。最奥に到達するまでの道のりは、通常でも3時間以上。そのような場所に、重い撮影機材を持ち込み、奥地へ運んでいくことは、非常に困難かつ、体力と根気のいるものでした。一回の撮影で携行した器材・道具の点数は、レスキューキットや非常食を含めると、400から500点にも上ります。精密な撮影機材を衝撃から守るため、また、洞内の環境を傷つけることのないよう、荷物の梱包、運搬は、常に細心の注意のもと行われました。
 さらに、洞内の気温や湿度も大きな悩みの一つでした。河内の風穴の洞内の温度は、一年を通じて約10℃前後と言われています。また、湿度はほぼ100%と非常に高く、水滴や汗で濡れてしまった服はほとんど乾くことはありません。撮影中は、カメラ操作や照明操作がメインになり、スタンバイが完了すると撮影が終了するまでその場から動くことができません。気温10℃前後の中、全身濡れた状態で、数十分間じっとしていなければならないことを想像してみて下さい。重い荷物運びでかいた汗はたちまち冷え、もの凄い寒さが襲ってきます。撮影中、最も苦労したことのひとつが、この寒さとの戦いでした。

 撮影のための洞内平均滞在時間は約12時間、調査を含む入洞回数は30回を超えました。苦労や困難は多々ありましたが、今回の撮影は私たちにとって、改めてこの洞窟の魅力を再確認する機会となりました。美しい鍾乳石に彩られた空間、巨大ホール、青く透き通る地底湖・・・この作品で「河内の風穴」の全てをお伝えできるとは思っていませんが、この洞窟の美しさ、また、このような素晴らしい世界が日本にもあるということを、少しでも知って頂くことができれば大変嬉しく思います。そして、このかけがえのない自然遺産が永遠に守られ、残されてゆくことを心から願ってやみません。

詳細についてはHPをご覧下さい。
http://www.vinz.jp/
プロフィール

さやぶ@VINZ

Author:さやぶ@VINZ
洞窟・雪景色・花火など、自然や文化をテーマにした映像作品を作っています。後世に良い形で残していける映像作品を作るために日々奮闘中です!

映像作品制作チームVINZ:
VINZ(ヴィンツ)は、世界中の人々に「夢・希望・感動」を届けられるような映像作品を自主制作することを目的として、活動しているチームです。

ホームページ: 
http://www.vinz.jp/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。